全然女性とマッチングしない男性が自己紹介文を書く際に意識すること

恋活アプリで全然女性とマッチングしない男性が自己紹介文を書く際に意識すること

 

本記事では恋活アプリで全然女性とマッチングできない男性女性からほぼいいねが来ないという男性に向けて、自己紹介文を書く際におさえておくべきたった1つのポイントについてをまとめております。

 

マッチング出来ない理由が自己紹介文にあるとは思えない…』とお思いの方も、下記に挙げるポイントがおさえられているか確認しながら読み進めていただければ幸いです。

 

 

ポイント解説前の注意点

 

ポイントの解説前に、1点ほど注意点を申し上げます。

 

もし仮にあなたの自己紹介文の内容に問題があり、下記に解説するポイントを参考に “自己紹介文” を改善しても、きちんとしたプロフィール写真を掲載していなければマッチングする事は愚か、「いいね」をもらうことは絶対に出来ません。

 

なぜなら恋活アプリでは『女性に興味を持ってもらえるような写真を掲載』し、『安心感のあるプロフィール作りをする』という、2つの条件を満たせていなければマッチングすることやいいねをもらうことが出来ないからです。

 

そして今回解説する自己紹介文の書き方のポイントを学ぶことは後者には効果的ですが、前者には何ら影響を与えられません。

 

つまりどれだけ自己紹介文を改善しても、きちんとしたプロフィール写真を掲載していなければ現状を変えることは出来ないというわけです。

 

仮に掲載しているプロフィール写真に対して少しでも懸念があられるのであれば、まずはそちらを見直して見られることを強くお勧めします。

 

 

それでは、前置きが長くなりましたが自己紹介文を書く際のポイントを解説してまいります。

 

自己紹介文を書く目的を理解しておく

いきなり結論から申し上げると、自己紹介文を書く際のポイントは “自己紹介文を書くべき本当の理由を理解しているか否か?” に尽きます。これをきちんと理解していれば、自己紹介文自体に非の打ちどころはなくなります。

 

そもそも真面目に出会いを求めている女性は、本来アプリを使うことに抵抗を持っています。

  • 遊び目的(体目的)の男性と出会ってしまったらどうしよう…
  • 出会い系って犯罪に巻き込まれる可能性もあるんでしょ…
  • 詐欺(ねずみ講)まがいの人も混じってるから気を付けなきゃ…

などなど…

 

真面目にアプリを利用している女性は、常に上記のような不安を抱えているわけです。

 

ご存知かもしれませんが、恋活アプリ内には真面目な出会いではなく、不純な目的(セフレ探し、浮気相手探し、ネットワークビジネスへの勧誘)でアプリを利用している輩も紛れ込んでいます。

 

このような「自分を傷つけるかもしれない男」に出くわす可能性が、彼女らを不安にさせているのです。

 

そして、このような警戒心や不安を解消してあげることこそが自己紹介文の役割であり、それらを書く目的なのです。

 

良い自己紹介文とは?

自己紹介文の内容は、女性があなたの自己紹介文を読み終えて「安心感」を持ってくれるものがベストです。

 

具体的には…

  • 良い人そう
  • 穏やかそう
  • 優しそう
  • 誠実そう(正直そう)
  • 思い遣りを持っていそう

などなど…

 

自己紹介文を読み終えた女性に上記のような印象を持たせられれば、非の打ちどころはなくなります。

 

繰り返しますが女性はアプリ内の男性を警戒し、不安を抱いています。そのような女性の警戒心や不安を解消し、安心感を抱かせられる自己紹介文こそが良い自己紹介文なのです。

 

良い自己紹介文を書くために意識すべきこと

良い自己紹介文を書くためには、“人柄を伝えること” を意識すべきです。

 

例えば以下二つは「旅行」についてを記載している一文ではありますが、これを意識して書いたか否かで、読み手(女性)への印象は全く異なるものになります。

 

  • 趣味は旅行です。特に温泉に行くことが好きです。
  • 趣味は旅行で、今年のGWには別府や霧島などへ温泉巡りに行きました!温泉で何も考えずにぼ〜っとしている一時に幸せを感じます。笑

 

いかがでしょう?
前者の自己紹介文では「趣味が旅行であること」と「温泉が好きであること」は伝えられるかもしれませんが、全体的に漠然としていてどこか淡白です。このような内容では「よく分からない…面白みがない…」というような印象を与えてしまいかねません。

 

しかし後者のような内容であれば「趣味が旅行であること」や「温泉が好きであること」の他にも、「なんとなくのんびりした人なのかな?」とか「穏やかそうな人なのかな?」というような印象を持ってもらえそうです。

 

ただ好きなものを羅列してそれらに関する補足を述べたような自己紹介文は不透明で面白みに欠けます。そしてそのような内容では女性の警戒心や不安の解消には至らないでしょう。

 

重要なのは「どれくらい好きなのか?」「どうして好きなのか?」「その趣味に没頭しているときにどう感じるのか?」などの内面に関してを言及し、人となりをきちんと伝えようとする事なのです。

 

良い自己紹介文は必然的に長文になる

下記は、2013年1月〜2015年3月までにペアーズ(pairs)内に蓄積されたデータを元に算出された自己紹介文の文字数といいね数の関係性を示すデータです。

 

 

ご覧の通り、自己紹介文の入力文字数と女性からのいいね数は比例関係にあります。つまり女性は入力文字数の多い自己紹介文の男性にいいねを送る傾向があるわけです。

 

ただしここでお伝えしたいのは、書くべき項目(仕事・趣味・休日の過ごし方・自分の性格・どんな相手がいいかなど)を増やし、淡々と文字数稼ぎをすれば良いということではありません。

 

繰り返しますが、重要なのは “人柄を伝えること” です。

 

「書かなければならない」というのではなく、人柄を伝えようとすれば必然的に文字数は増えていきます。「書くことを増やした自己紹介文」ではなく、「自然に書くことが増えた自己紹介文」であるべきなのです。

 

 

自己紹介文を改善しただけでマッチング率がUPした事例

下記は当サイトを通して僕に問い合わせをくれたOさんの事例です。

 

 

恋活アプリで全然女性とマッチングしない男性が自己紹介文を書く際に意識すること

 

 

改善前は淡々と好きなものが述べられ淡白な印象ですが、改善後は自己紹介文の内容から「ユーモアな人」といった人柄や「真剣に出会いを探している」といった印象をきちんと伝えられていると思います。

 

ちなみに下記は自己紹介文を改善した直後の結果です。

 

恋活アプリで全然女性とマッチングしない男性が自己紹介文を書く際に意識すること

 

 

しつこいようですが、自己紹介文で重要なのは “人柄を伝えること” です。

 

自身の自己紹介文の内容を読み返して、『人柄が伝えられていないかもしれない…』と感じられるのであれば、一度見直してみられることをお勧めします。

 

もし、『自分じゃよく分からない…』『何をどう改善すれば良いか分からない…』っということであれば、僕で良ければお手伝いさせていただきますので、遠慮などなさらずご相談下さい。